コンテンツ

進化するシャワーの水のトラブルと対策

かつての日本では浴室にだけ設置されていたシャワーですが、現在では、キッチンにシャワーノズルに切り替えられるタイプの蛇口があったり、洗面所の蛇口の先端を引っ張るとホースのように伸びて朝から簡単にシャンプーできるようになっていますが、思わぬ水のトラブルも起きています。
トラブルには明確な原因があり、トラブルの元になるマイナス要因をあらかじめ排除することでトラブル発生のリスクを抑えることができます。それでもトラブルが起きてしまったら、できるだけ迅速に原因を突き止め、可能であれば自分で応急措置を取り、最終的には水道修理の専門業者に修理や交換を依頼するという段取りが重要です。

■ヘッドを詰まらせる大敵は黴と水垢

不断何気なく使っているシャワーですが、実は非常に便利な発明品です。第1にできるだけ広い面積に少ない水量で水やお湯を出せるので合理的であることです。第2に反動が少ないことです。消防車のホースから水を出すと大きな反動が来ますが、シャワーの構造は反動をかなり軽減するのでストレスがありません。第3に水やお湯の勢いを自在に調整できるので個人の好みの応じた使い方ができます。しかし機器である以上、製品の劣化や性能の低下による水のトラブルは免れません。
カランの切り替えができなくなったり、接続部などから水漏れするといった水のトラブルはいつかは発生すると考え、いざという時の準備を怠らないようにすることが肝要です。よくあるトラブルがヘッドの目詰まりです。詰まっている部分を観察して、黒い場所があればそれは黴です。白く固化した部分は水垢です。この二つが大敵なので、日ごろからの手入れが大切です。

■必ずしも互換性があるわけではないヘッド

シャワーヘッドの交換は簡単な作業に見えますが、意外に難しいものです。水の通り道ですからヘッド接続部からの水漏れは許されません。素人工法では精度を欠き、結局専門業者に取付け直してもらう羽目になって余計な時間と費用がかかってしまう事もあります。
OEMやユニバーサルデザインといった生産システムや思想の普及で、多くの物の規格共通化が進んでいますが、ヘッド仕様は必ずしも互換性があるわけではありません。この確認を怠って購入してしまうと取り付けが不可能な場合があります。そうしたトラブルに対応するために変換アダプタ―が同梱されていたり、別売りされていることもありますが互換性の確認は大切です。
キッチンや洗面所に取り付けられているタイプはヘッドだけの交換は不可能な場合がありますし、取り換え工事も専門的な知識が求められる場合があるため注意が必要です。

■まとめ
現代では浴室やキッチンの蛇口だけでなく、食器洗い機やシャワー付きトイレなど、さまざまな商品が私たちの快適環境に役立っていますが、便利になるという事は構造が複雑化するということにもなり、故障や水のトラブル発生時に備えておくことが必要になっています。予め原因を知っておくことで軽減することもできます。トラブルが起きてしまった場合は、自分で対応することが可能な場合もありますが、難しい場合は業者へ依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ