コンテンツ

便器や周辺の水のトラブルへの対処法

トイレ 水漏れという事態に直面すると、気ばかり焦って冷静な対応が難しくなるケースは多いです。しかし便器も長年使っていれば老朽化しますし、接続されている水道管からも水漏れが起きることはあります。できるだけ迅速に事態を解決するためには、トイレ周りの水のトラブルは必ずいつか発生するというぐらいの気構えで、トラブルが発生する予兆についての知識を身に着け、日々の生活の中で可能な点検を怠らないことが大切です。
それでもトイレ 水漏れが発生することはあり得るので、あらかじめ評判の良い水道修理業者を選び出し、いつでも連絡できるようにしておくことが被害を最小限に抑えることにつながります。業者を決めたら、どれくらいの料金がかかるのか大まかな数字を聞き出しておくと安心します。

■トイレ周りの異常を知らせる予兆の感知が重要

キッチンや洗面所の水トラブルも困りますが、トイレの水が溢れだしたり、逆に水がトイレから流れて行かないといったトラブルはもっと困ります。トイレ 水漏れをできるだけ速やかに解決するには予備知識が役に立ちます。中でも便器本体と周辺部品で発生する異常な動作や異音の原因を知っておけば、甚大な被害に発展する前に効果的な対策を立てることができます。
わずかであっても水がトイレ配管の接続部付近からぽたぽた漏れていたらパッキンの破損などが考えられます。ごぼごぼと異音がするとか、流す時に十分な水量がなくなったといったケースはトイレ周りの水のトラブルが近づいているサインであり、こうした予兆を予備知識として知っておくことが重要です。配管の接続部あたりに水が滲み出していないかどうかをチェックすることや、タンク内部の機器の動作を確認することがトイレ 水漏れ防止につながります。

■トイレ修理や交換業者の選び方は重要

突然トイレ 水漏れという事態が起きたら、取るべき行動は3パターンです。自分で修理できるのであれば自力で行うことも可能ですが、トイレキットのメーカーに連絡すれば契約の範囲内で一定の対応をしてくれます。迅速かつ的確に問題を解決したいのであれば、自治体の水道局が指定している専門業者に依頼するのが確実です。修理であっても便器や周辺機器の新規交換であっても対応してくれます。
緊急を要するトイレの水のトラブルだからこそ業者選定が重要です。工事費用、出張費用などさまざまな料金がかかりますので、あらかじめ業者を決めたら、こうした費用に関する概算的な数字を聞いて記録しておくと、いざという時に役立ちます。業者の名刺や連絡カードのようなものが入手できたら、目につく場所に貼っておきます。こうした業者選定と情報入手が大切です。

■まとめ
トイレ 水漏れが起きると、当然ながら修理や交換作業が終わるまでトイレは使えなくなります。日ごろははあまり意識することがありませんが、これは日常生活の非常事態です。絶対にトイレの水のトラブルが起きないようにするのは不可能だとしても、極力リスクを低減することはできます。日ごろから便器や周辺機器の動作に違和感がないかと気を配ったり、水漏れが生じていないかチェックすることで小さなトラブルの芽を摘み取り、トイレが水浸しになるといった大きな被害を防ぐことは可能です。
水に関するトラブルは対処療法も大切ですが、合理的な防止策を講じることが重要になります。そのためにもトイレの水トラブルの専門家でもある水道修理業者とのコンタクトを確立しておくことが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ